バイアグラの効果

バイアグラの効果がすばらしい!

心因性のEDならバイアグラ

 

心因性のEDならバイアグラ

アメリカのファイザー社での臨床費実験では、バイアグラを飲んだ4000人中、硬化があった人は、約70パーセントというデータ報告があります。

 

中でも心因性のEDに限ると、80パーセントの人に効果を発揮していることが報告されています。

 

効果がみられなかったのはたった2割の人だけなのです。

 

もし、心身性のEDで、医師に処方された量のバイアグラを服用しても効果が表れなかった場合には、その効果がなかった2割のケースということになります。

 

性的興奮が持てない、パートナーの協力が得られないという理由も効果が出ない原因になることがあります。

 

他にも、性的な嫌悪感を強く持ち、性行為に対する不安が必要以上に多かったりする場合も、効果が表れないことがあります。こういう人の場合バイアグラを服用する前に、自分自身の気持ちや考え方を変える必要があるので、専門家のカウンセリングが必要です。
注意してほしいのが、バイアグラを服用しても効果がなかった時に、くれぐれも追加服用だけはしないでください。ほかの有効な治療法もあるので、医師に改めて相談するようにしましょう。

器質性EDとバイアグラ

 

器質性EDとバイアグラ

器質的障害の勃起不全の患者さんにバイアグラは効果があるのでしょうか?
アメリカでのデータでは、脊髄損傷が原因のEDなどでも非常に高い確率で効果があったようです。

 

一概には言えませんが、そのような人たちの条件では比較的軽度であったこと、年齢が若かったことが共通していえるようです。

 

まだ日本国内では出しっかりとしたデータ収集ができていませんが、やはり脊髄損傷や前立腺の手術などで完全に神経や血管が断絶されてしまった人の場合には、前年ながらバイアグラの効果はみられていません。

 

しかし、前立腺がんなどの病気で前立腺の全摘出された方でも神経や血管が残っていれば、効く可能性があるそうです。

 

いずれにせよ、器質的障害だからと言ってあきらめてしまう前に、医師に相談してみることは無駄ではなくなってきています。

 

ただ、軽い気持ちで飲んでみたいという方もいるかもしれませんが、バイアグラはEDに本気で悩む男性のためのまじめな薬です。そういう気持ちでは医師も処方してくれません。

 

バイアグラの効果が持続する時間が長い年齢は?

 

バイアグラの効果が持続する時間

海外でのデータですが、65歳以上の高齢者15名と18歳から45歳までの若年層を対象にバイアグラの臨床試験を行った際に、効果が合わられるまでの時間はそれぞれ70分とほぼ同じレベルなのに対して、平均勃起持続時間は高齢者で3.8時間、若年層で2.6時間という結果が出ています。

 

しかし、これはバイアグラの代謝が、高齢者の方が遅いということですので、素直に喜ぶべきことではないのですが、バイアグラの効果継続に関しては高齢者の方が高いという結果が出ています。

 

また、バイアグラが体内に残る時間が長いといことは、それだけ副作用が出たときには長く副作用が続くということです。

 

さらに、セックスの継続回数を調べてみると、1時間ほどセックスをし続けると、程よく性欲も満たされそれ以上セックスを使用という気持ちが起こらないことがわかっています。

 

する前にはできるだけ長い時間したいという気持ちがあっても、いざ一度射精してしまうとその気持ちも小さくなり、もうどうでもよくなることが男性には多いものです。

 

お役立ちサイト

 

ジェネリックバイアグラ|安く勃起薬を手に入れる方法⇒バイアグラ値段